卓球の動画・試合結果・ニュースなどの情報を発信します。

卓球動画 × 試合結果 × ニュース | 卓球ポータル

ニュース

【世界卓球2017】紳士な『ティモ・ボル』と大人げない『ピシュテイ』

スポンサードリンク

更新日:

紳士のスポーツ卓球

紳士のスポーツ卓球

世界卓球2017の試合を通して、卓球は紳士のスポーツであると確信しました。

思い通りのプレーが出来なくても道具に当たることもないし、試合に負けた時には相手の強さを称えていました。

今回は、世界卓球2017でもっとも紳士なティモボルのプレーを紹介します。

本大会では非常にレアなケースですがマナーが非常に悪いピシュテイという選手もいました。
今後はこのようなバットマナーは撲滅したいので今回はあえて紹介します。

世界卓球2017の紳士なプレー

男子シングルスの準々決勝の ティモボル vs 馬龍戦のボルのフェアプレー精神あふれるプレーがありました。

1ゲーム目の序盤で馬龍のドライブがエッジで入ったボールがありました。

しかし、審判はサイドと誤審しボルの点数となりました。

馬龍はもちろん、ボルも誤審に抗議しましたが、判定は変わりませんでした。

次のプレーでボルは誤審で自分に入った点数を馬龍に入れるために、わざとレシーブミスをしました。

世界卓球は卓球ではオリンピックと同じくらいの大舞台です。卓球選手ならこの試合は世界卓球のメダルが掛かったなんとしても勝ちたい試合のはずです。

しかし、ボルはアンフェアな勝ち方をすることに価値を感じず、あくまでもフェアプレーでタイトルを取ることを選びました。

解説

卓球はエッジは台に入ったと見なされ、サイドは台に入っていないと見なされます。
エッジは打った人の点数となりますが、サイドは相手の点数となります。

紳士なボルのフェアプレー【世界卓球2017】

 

世界卓球2017で最も残念なプレー

男子シングルス4回戦で日本の次世代のエースを期待されている張本智和とピシュテイの第4ゲームでピシュテイのアンフェアプレーがありました。

このゲームを落とすと負けてしまう状況でピシュテイは揺さぶるをかけてきました。

サーブを打たなかったり、相手が構える前にサーブを打ったりと世界レベルの卓球の試合ではほとんど見ることがないようなバットマナーの連続でした。

このプレーで張本はペースを崩され1ゲーム失ってしまいました。
(張本は次のゲームは立て直し勝利しました。)

13歳 張本智和相手に揺さぶりをかける大人げないピシュテイ 男子シングルス4回戦 世界卓球2017ドイツ

まとめ

ただ強いだけでなく人間性が優れている卓球選手が多くのファンから長年支持されています。

ボルのようなフェアプレー精神あふれる選手がもっと増えれば、卓球人気はさらに高くなるはずです。

また、今後の卓球界の課題として審判員の質の向上が上げられます。
正確な判定とバットマナーに対する適切な対応が出来れば選手と試合を見ている卓球ファンはより卓球を楽しみ事ができるでしょう。

おすすめ記事

卓球大会日程2018年 1

2018年の主要な卓球大会日程一覧 国際大会 日程 大会(リンクは動画) 試合 結果 1/18 ~1/21 ※:ハンガリーオープン (ブダペスト) 結果 2/22 ~2/25 チームワールドカップ ( ...

2

  2018年3月10日19時41分に朝日新聞DIGITALで、張本智和が試合終了後に水谷隼と握手をしていないと誤解されるタイトルの記事を発表した。 本記事のトップの写真のように張本選手は、 ...

卓球世界ランキング_最新 3

卓球世界ランキング(2018年7月) 今月のトピック 6月は中国オープン、ジャパンオープンが開催されました。 男子は張本智和が、ジャパンオープンで優勝し『10位 → 8位』になって日本選手でトップとな ...

コラム2016年1月版卓球世界ランキング 4

卓球世界ランキングのシステム・仕組み(2017年12月以前) 2018年1月以降の卓球世界ランキングシステムはこちら↓ コラム|卓球世界ランキングのシステム(仕組み)の解説 世界ランキングシステムの詳 ...

5

アジアカップ2018の動画  →アジアカップ2018の動画はこちら     試合結果 卓球アジアカップ2018|結果速報

-ニュース


Copyright© 卓球動画 × 試合結果 × ニュース | 卓球ポータル , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.