Tリーグ2019/2020に韓国選手の参戦決定!徐孝元、李尚洙など

Tリーグ2019/2020の開幕が約1ヶ月後となりました。

今季は2期目となり、昨年以上に盛り上がることが予想されます。

 

ここで、ビックニュースが入ってきました。

当初は韓国のナショナルチームの選手をTリーグへの派遣を見送る予定でした。

しかし、韓国の卓球協会との交渉した結果、今季も韓国のナショナルチームの選手参加することになりました。

 

男子選手は李尚洙、林鐘勲、張禹珍、安宰賢、女子選手は徐孝元、田志希、梁夏銀らが参加する可能性があるようです。

 

韓国チームは男女とも団体の世界ランキングが4位の強豪国のため日本の選手にも良い刺激となるでしょう。

Tリーグ2018/2019に参加した韓国選手

昨年のTリーグで韓国選手が所属したチームを振り返ります。

男子

鄭栄植(T.T彩たま)

昨年の個人成績は13勝8敗Tリーグ全体のシングルスの成績で3位の好成績を残している。

2019年7月現在、世界ランキング20位の韓国のエースである。

世界卓球2018の団体では張本智和と水谷隼を破る活躍をし、日本のメダルを阻んだ日本選手の宿敵である。

残念ながら、今季は兵役のため不参加の予定である。

李尚洙(岡山リベッツ)

昨年の個人成績は5勝7敗で負け越し成績は振るわなかった。シングルスの成績は13位。

2019年7月現在、世界ランキング14位である。

世界卓球2017でシングルスで銅メダルを取っている強敵である。

林鐘勲(岡山リベッツ)

昨年の個人成績は3勝4敗で負け越し。シングルスの成績は18位

2019年7月現在、世界ランキング23位である。

現在、韓国で実力を伸ばしている選手の一人です。

Tリーグでの活躍も楽しみな選手の一人ではないでしょうか?

 

※個人成績は27選手の中での順位

女子

徐孝元( トップおとめピンポンズ名古屋)

昨年の個人成績は5勝11敗で負け越し成績は振るわずシングルスの成績は14位だった。

卓球トップ選手の中でも美人で有名でもあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

頑張って。💪🏓

서효원さん(@suh_hyowon_)がシェアした投稿 –

かわいいだけでなく、韓国で1番の実力者でもあります。

2019年7月現在、世界ランキング10位。

美貌と強さを兼ね備えた選手として韓国では大人気である。

田志希( トップおとめピンポンズ名古屋)

昨年の個人成績は0勝2敗で負け越し成績は振るずシングルスの成績は14位でした。

田志希は中国出身で2011年に韓国に帰化し2014年に韓国の代表入りした。

その後、多くの国際大会で活躍している。

2019年7月現在、世界ランキング18位で日本選手にとっても強敵である。

 

※個人成績は33選手の中での順位

最新情報をチェックしよう!