卓球女子|東京オリンピック日本代表選考レース|石川佳純,伊藤美誠,平野美宇

卓球女子|東京オリンピック選考レース|石川佳純,伊藤美誠,平野美宇

東京オリンピックの開催まで1年を切り、卓球女子の日本代表選手が誰になるか気になるところです。

シングルス出場選手の2名は2020年1月の世界ランキングの日本選手の上位2名とすることが日本卓球協会から発表されています。

→東京オリンピックの日本代表の選考基準の詳細

この選考基準をもとに、卓球女子の日本代表選考レースの状況を分析していきます。

卓球男子の日本代表選考の考察についてはこちら

卓球男子|東京オリンピック日本代表選考レース|張本智和,丹羽孝希,水谷隼

日本女子の世界ランキング(2019年8月版)

卓球の世界ランキングは、国際大会での成績に応じて与えられるランキングポイントで決まります。

卓球世界ランキングの決め方の詳細はこちら

まずは、現在(2019年8月時点)の日本女子の上位10名の世界ランキングを見てみましょう。

順位選手名ランキング
ポイント
6位石川佳純13133
8位伊藤美誠12710
10位平野美宇12050
17位佐藤瞳8845
20位芝田沙季8370
36位加藤美優7960
32位橋本帆乃香7205
34位早田ひな6890
44位長﨑美柚6090
52位木原美悠5350

世界ランキング6位の石川佳純、8位の伊藤美誠、10位の平野美宇の選手が約1000ポイントの差で接戦となっています。

10位の平野美宇と17位の佐藤瞳の差が3000ポイント以上あり、佐藤瞳が上位選手を逆転するのは難しいでしょう。

東京オリンピックのシングルスの日本代表は石川佳純、伊藤美誠、平野美宇の選手の戦いになりそうです。

2020年1月のランキングポイント

シングルス出場選手の2名は2020年1月の世界ランキングの日本選手の上位2名となります。

世界ランキングを決めるランキングポイントには下記のルールがあります。

  1. 付与されたランキングポイントは翌年の同大会の間有効。
  2. 世界ランキングは上位8大会の取得したランキングポイントを足しポイントが大きいほうが上位となる。
    (ただし、T2ダイヤモンドで取得したランキングポイントは上位8大会とは別に加算される。)

2020年1月の世界ランキングで有効なランキングポイントは、2019年に取得したポイントのみとなり2018年に取得したポイントは無くなります。(世界卓球2018(団体戦)を除く。)

2020年1月の世界ランキングの順位を予想するには2019年の大会と世界卓球2018年の上位8大会とT2ダイヤモンドのランキングポイントを合計したポイントを見る必要があります。

石川佳純、伊藤美誠、平野美宇の3選手の2020年1月の世界ランキングで有効なランキングポイントはこのようになります。

  1. 伊藤美誠:10370ポイント
  2. 平野美宇:9590ポイント
  3. 石川佳純:9405ポイント

現在の世界ランキングでは日本でトップの石川佳純が2020年1月に有効なポイントだけだと3番手となっていることが分かります。

現時点では、伊藤美誠と平野美宇が東京オリンピックのシングルスの日本代表に近いと言えるでしょう。

しかし、ポイントは僅差であり今後の大会の成績次第で3選手の順位は激しく入れ替わりをすると考えられます。

取得ランキングポイントの詳細と今後の大会の予定

石川佳純、伊藤美誠、平野美宇の3選手の2020年1月の世界ランキングで有効なランキングポイントの獲得状況の一覧表です。

赤字がランキングポイント取得の上位の8大会です。青字がT2ダイヤモンドのボーナスポイントになります。

世界ランキングを決めるランキングポイントは赤字と青字を足したポイントになります。

選手 平野美宇石川佳純 伊藤美誠
2020年1月
ランキング ポイント
9590940510370
2018世界卓球6勝15007勝17508勝2000
カタールOPベスト16900ベスト32675ベスト81125
 アジアカップ6位8553位1170
 世界選手権ベスト81500ベスト161200ベスト32900
中国OPベスト16900ベスト16900ベスト41465
 香港OPベスト41170ベスト167202位1440
 ジャパンOPベスト41465ベスト16900ベスト32675
 韓国OPベスト16720ベスト8900ベスト8900
オーストラリアOPベスト16900ベスト41465ベスト41465
T2Diamond
マレーシア
ベスト16400ベスト16400ベスト16400
 ブルガリアOP参加予定参加予定参加予定
 チェコOP参加予定参加予定参加予定
 アジア選手権
T2Diamond
中国・海口
スウェーデンOP
 ドイツOP
女子WC参加予定参加予定 ー
チームWC
 オーストリアOP
T2Diamond
シンガポール
グランドFINAL

この表の後半に記載されている大会が、東京オリンピックの選考に影響する大会です。

特に注目すべき大会は下記の大会です。

ブルガリアオープンとチェコオープン

ワールドツアーのブルガリアオープンとチェコオープンは中国の上位の選手の出場がないため、好成績が狙いやすい大会となっています。

逆に、ここで取りこぼしがあれば、東京オリンピックの日本代表争いに大きく響きます。

T2ダイヤモンド

T2ダイヤモンドで取得したポイントは上位8大会とは別にランキングポイントに加算されます。

まずは、出場することが大切となります。できる限り上位入賞することでライバルと差を付けることが出来ます。

ワールドカップ

ワールドカップは、石川佳純と平野美宇が参加します。

ここで好成績を残せば日本代表へ大きく近づくことができるでしょう。

グランドファイナル

世界選手権、ワールドカップに次ぐランキングポイントの高い大会となります。

東京オリンピックの出場をかけた最後の大会にもなりますので、非常に大切な大会となります。

まとめ

卓球女子の東京オリンピックの日本代表の選考レースは激しくなってきています。

2020年1月で有効なランキングポイントを見ることで、現在の世界ランキングだけでは分からない選考レースの状況が分かったのではないでしょうか?

ワールドツアーなどの国際大会も東京オリンピックの選考の大会という視点でみると面白さも増えるのではないでしょうか。

卓球女子|東京オリンピック選考レース|石川佳純,伊藤美誠,平野美宇
最新情報をチェックしよう!