平野美宇の世界卓球2017(女子)の動画・結果速報

平野美宇の世界卓球2017(女子)の結果速報・動画

[toc]

平野美宇の世界卓球2017の試合結果と動画

女子シングルス

準決勝
平野美宇111-4
11-8
11-5
5-11
11-5
4丁寧
(中国)

卓球動画|平野美宇 vs 丁寧|世界卓球2017

準々決勝
平野美宇 411-5
11-2
18-16
11-5
0馮天薇
(シンガポール)

卓球動画|平野美宇vs馮天薇|世界卓球2017

4回戦(R16)
平野美宇 411-4
11-1
11-4
11-3
0シャオマリア
(スペイン)

卓球動画|平野美宇vsシャオ・マリア|世界卓球2017

3回戦(R32)
平野美宇411-8
8-11
12-10
11-7
11-5
1陳思羽
(タイペイ)
2回戦(R64)
平野美宇411-5
11-3
11-8
13-11
0サウェッタブート
(タイ)

卓球動画|平野美宇vsサウェッタブート|世界卓球2017

1回戦(R128)
平野美宇411-8
11-2
11-4
11-1
0オショナイケ
(ナイジェリア)

女子ダブルス

3回戦(R16)
平野美宇
石川佳純
010-12
9-11
3-11
4-11
4丁寧
劉詩雯
(中国)
2回戦(R32)
平野美宇
石川佳純
411-6
11-8
11-3
11-5
0マンツ
ワン・ユエン
(ドイツ)
1回戦(R64)
平野美宇
石川佳純
411-9
7-11
8-11
11-3
11-8
11-6
2パラナン
スターシニー
(タイ)

卓球動画|石川佳純 / 平野美宇 vs パラナン / スターシニー|世界卓球2017

平野美宇の動画と世界卓球2017の結果と動画

 →平野美宇の過去の試合動画

 →平野美宇以外の世界卓球2017の結果

 →世界卓球2017の動画

平野美宇に世界卓球2017で期待されること

平野美宇アジア卓球選手権大会で優勝!女子卓球界の歴史を変える

アジア選手権大会で2017年4月15日に卓球世界ランク1位の丁寧を撃破し、翌日に朱雨玲(世界ランク2位)と陳夢(世界ランク5位)を次々と撃破し、優勝しました。

長年の中国支配の卓球の歴史を変えた瞬間でした!

 

平野美宇のアジア卓球選手権2017の再現を期待!

平野美宇は日本だけでなく世界中から、最も注目されている選手と言っても過言ではないでしょう。

世界卓球選手権大会でも、アジア卓球選手権のような快進撃が期待されています。

 

2017 Asian Championships HIRANO Miu SuperPlay(中国3選手との試合のハイライト)

https://youtu.be/EqjwHPpUn_0

 

平野美宇の世界卓球2017(女子)の結果速報・動画

平野美宇の躍進の理由

順調だった経歴

平野美宇は2000年4月14日生まれで、母・真理子さんの指導により卓球の才能が開花しており、その実力が注目されていました。

卓球選手権大会のバンビの部で福原愛以来2人目の小学校1年生で優勝を果たしました。また、全日本選手権では福原愛の持つ11歳1ヶ月の最年少勝利記録を10歳9ヶ月に更新した。(直後に伊藤美誠が10歳2ヶ月に更新)

幼い頃から同い年の伊藤美誠とのダブルスを組んでおり、みうみまペアとして有名である。2014年3月に開催されたITTFワールドツアードイツ・オープンで伊藤美誠と組んだダブルスで初優勝し、その後、スペインオープン、グランドファイナルでも優勝している。

 

初めての挫折

世界でも活躍していた平野美宇であったが、2016年8月に開催されたリオオリンピックでは日本代表の選考から漏れ、リオオリンピックにはサポートメンバーとして参加した。

 

プレースタイルの変更

平野美宇はリオオリンピックの日本代表の選考から漏れるまでは、ラリーで相手のミスを誘うスタイルでした。しかし、これでは中国選手などの格上の選手には勝つことを難しいため、中澤鋭コーチのもと超攻撃的なプレースタイルに変更しました。

 

プレースタイル変更の成果

プレースタイル変更後、2016年1月の全日本選手権で成果が出始めました。決勝で石川佳純に負けて準優勝でしたが、準決勝ではライバルである伊藤美誠に攻撃的な卓球で勝利しました。

2016年4月のポーランドオープンで自身初のワールドツアー女子シングルスで優勝しました。

2016年8月のリオオリンピックでは現地にいながら試合に出れない悔しさをバネにさらに実力をつけました。

2016年10月のワールドカップでは、中国選手は不参加でしたが最年少優勝、日本人初優勝という記録ずくめの優勝を果たしました。

2017年1月の全日本選手権では日本のエースである石川佳純に昨年のリベンジを果たし最年少優勝をしました。

そして、2017年4月のアジア卓球選手権で、丁寧、朱雨玲、陳夢という中国トップ選手を次々と撃破して最年少優勝を果たしました。

平野美宇の世界卓球2017(女子)の結果速報・動画

前大会(世界卓球2015蘇州)の平野美宇の試合

世界卓球選手権大会は、奇数年に個人戦、偶数年に団体戦が行われているため、世界卓球選手権大会の個人戦の前回大会は世界卓球2015の蘇州で行われた大会となります。

世界卓球選手権大会2017が開催前に、平野美宇の前大会の試合結果を復習しておきましょう。

 →平野美宇以外の世界卓球2015の結果

 →世界卓球2015の動画

平野美宇の女子シングルスの結果

1回戦平野美宇4-1バトラ
(インド)
2回戦平野美宇4-1キム・ジョン
(北朝鮮)
3回戦平野美宇0-4丁寧
(中国)

平野美宇の女子ダブルスの結果

1回戦平野美宇
伊藤美誠
4-0ヘルミ
(エジプト)
モントゥファル
(グアテマラ)
2回戦平野美宇
伊藤美誠
3-4リー・ジエ
(オランダ)
リー・チェン
(ポーランド)
【世界卓球2015 蘇州】女子シングルス3回戦 平野美宇 vs 丁寧
世界卓球2017_平野美宇
最新情報をチェックしよう!