村松雄斗(カットマン)の世界卓球2017(男子) の動画・結果速報

村松雄斗の世界卓球2017(男子) の動画・結果速報

[toc]

男子シングルス

3回戦(R32)
村松雄斗


荘智淵
(タイペイ)
2回戦(R64)
村松雄斗411-9
6-11
11-8
9-11
11-9
11-13
11-8
3モンテイロ
(ポルトガル)
1回戦(R128)
村松雄斗411-9
11-9
11-7
11-3
0ストヤノフ
(イタリア)
佐藤瞳の動画と世界卓球2017の結果と動画

 →村松雄斗の過去の試合動画

 →村松雄斗以外の世界卓球2017の結果

 →世界卓球2017の動画

世界卓球2017は日本最強のカットマン村松雄斗に注目!

2017年5月現在、世界ランキング28位であり日本選手では5位、日本のカットマンでは1位である。

2013年のアジアカップでは閻安(中国)に勝利しており、中国選手にも勝てるポテンシャルを秘めている。

2016年のグランドファイナルではアンダー21では準優勝しており、調子を上げてきている。

日本最強のカットマン村松雄斗の活躍に注目しましょう!

【グランドファイナル2016】男子U-21シングルス決勝トーナメント決勝 村松雄斗vs廖 振珽

村松雄斗の世界卓球2017(男子) の動画・結果速報

村松雄斗の戦歴

1996年10月に山梨県で生まれる。平野美宇とは従兄弟であり、平野美宇の家族が経営する「平野英才教育研究センター卓球研究部」で卓球を始める。

2004年の全日本選手権バンビ優勝 、
2006年の全日本選手権カブ優勝、
2008年の全日本選手権ホープス優勝など幼少時代から活躍している。

2013年のアジアカップでは閻安(中国)に勝利し大金星を上げている。

ワールドツアーのアンダー21では数多くの優勝をしており、2016年のグランドファイナルではアンダー21で準優勝を果たした。

村松雄斗のプレースタイル

フォア面が裏ソフト、バック面が表ソフトのカットマンである。

非常に安定した両ハンドのカットに加えて、攻撃的なプレーができる。守る時は守る、攻撃する時は攻撃すると攻守のメリハリのあるプレーが特徴である。

特に甘い球が返球されたときの強烈なバックハンド攻撃は驚異的である。

村松雄斗の世界卓球2017(男子) の動画・結果速報

村松雄斗の世界卓球2017選考会の試合

村松雄斗は世界卓球2017選考会では、第1ステージを通過したものの、第2ステージの準々決勝で大島祐哉に敗退しました。

しかし、国際試合で多くの結果を残しており、最後のメンバーとして選出されました。

結果

準々
決勝
村松雄斗0-4大島祐哉
世界卓球2017_村松雄斗
最新情報をチェックしよう!