卓球のパフォーマンスに欠かせない食事とは?






卓球は日本でも古くから親しみのあるスポーツです。オリンピックや世界大会などでは選手の俊敏な動きと華麗なラケットさばきに目を奪われますよね。日本は少子化問題に直面していますが、それに真っ向から対抗するかのように若年層の卓球人気が高まってます。

イギリスが発祥の卓球は予想以上に体力と機敏さが問われるインテリジェントスポーツ。トップレベルのアスリートとしては栄養価の高い食事のも気を付けたいところですが、卓球のパフォーマンスレベルを高めるために欠かせない「食事」はあるのでしょうか?早速、ここで検証していきたいと思います。卓球のプロも心掛けているヘルシーメニューを追求しているならwww.fooddiez.jpをチェック。栄養価の高い健康的な食生活に賢く役立てていきましょう。

食事で体脂肪と筋肉量を常に維持することが大切

サッカーやラグビーのように巨大なグランドでプレイするスポーツを観戦した後に、こじんまりとした卓球台でプレイする選手を見ると「体力はあまりいらないのでは?」と思うこともあるでしょう。卓球はごく限られたエリアで競技する室内スポーツですが、瞬発力と身体能力が結果を大きく左右するスポーツでもあります。それに加え、相手とのラリーでは駆け引きも生じてくるため、思考能力や強い精神力も必要になるメンタルスポーツとも言えるでしょう。こういった特色を持つ卓球ですが、食事については体脂肪と筋肉量をベストに維持することが求められています。つまり、低脂肪・高たんぱく・低カロリーが基本ということになりますね。

卓球はスポーツの中で最も至近距離で「玉」が飛んでくるスポーツです。その速さは最高で200kmともいわれており、身体能力とあわせて強靭な動体視力も必要になってきます。卓球のスマッシュがいかに速いか想像できますか?例えば、ボールの速さで見てみると、テニスのサーブで最速200km、野球のピッチングで最速169km、サッカーのシュートで最速132kmです。想像以上のスピードで飛んでくるボールを追いかけて打ち返すだけの身体能力と動体視力は、やはり必要不可欠です。

食事全体のバランスが何より大切

ボクシングやMMAといった格闘技とは異なり、卓球には厳しい体重制限は用いられていません。しかし、アスリートとしての健康・身体管理はマストです。ある卓球選手の食生活を覗いてみると、高タンパク質、低脂肪を基本に、腸内環境をベストにするための食物繊維は欠かせないと語っています。つまり、体重管理や筋肉の状態と同じように、食事全体における栄養バランスを整えることも重要だということです。

つまり、思考力を高めるごはん、パン、芋類といった炭水化物、低脂肪・低糖の豆や乳製品などのタンパク質、また腸内環境を整えるキノコ類、海藻類、青野菜、根菜の比率に偏りがないようにしているということですね。例えば、カロリーの低い和食や鍋を取り入れたり、肉や魚料理なら衣をつけて油で揚げるのではなく、ホイル焼きにしてたっぷりの野菜と一緒にさっぱりといただくといったスタイルが好まれています。また、適度な糖分を摂取することで、思考力と頭の回転を高めてくれます。

卓球選手は脂肪率を極限まで落とし、逆に筋肉量を高めてムキムキになることがゴールではありません。あくまで試合終了まで体力と気力が持続するように「バランスの良い食事」をとることを第一に考えてトレーニングをしています。加えて、試合直前に食事をとらないように、また完全な空腹で試合に望まないように、食事のタイミングも管理しているそうです。

プロの卓球選手もトップアスリートの一人。無駄な体重や脂肪は動きを遅らせるだけではなく、判断力さえも鈍らせてしまいます。

動体視力を養う食材でパワーアップ

最速200kmで飛んでくる玉を瞬時に追いかけて打ち返すためには、動体視力を高める必要もあります。動体視力をアップさせるには、視力と直接関係する「ビタミンA」、カロテノイド成分の一つ「ルテイン」、疲れ目を助ける「アントシアニン」、視神経の伝達に欠かせない「ビタミンB」、抗酸化物質の代表格「ビタミンE」、そして目の網膜に含まれる「亜鉛」を積極的にとることが大切です。下記でそれぞれの栄養素をたっぷりと含む食材を挙げてみます。

  • ビタミンA:鶏/豚レバー、ウナギ、ほうれん草、春菊、人参
  • ルテイン:小松菜、よもぎ、乾燥プルーン、ケール
  • アントシアニン:ブルーベリー、ブドウ、イチゴ、黒豆、黒ゴマ
  • ビタミンB:大豆、玄米、モロヘイヤ、レバー、牛乳、アーモンド
  • ビタミンE:うなぎ、いか、納豆、さつまいも、アボカド、ぶり
  • 亜鉛:牡蠣、あわび、高野豆腐、切り干し大根、チーズ、落花生

卓球はスポーツの中でも屋内でプレイできる上、広い場所を必要としないため気軽にチャレンジできる競技であることから、競技人口も毎年増えています。ご紹介したパフォーマンスの向上に効果的な食事を参考にしながら、卓球の腕を磨いていきたいですね。

卓球のパフォーマンスに欠かせない食事とは?
最新情報をチェックしよう!